お知らせ

お知らせ

芸術文化政策研究室との共同調査を実施中です(11/10追記)

 2020年7月3日(金)より、北海道教育大学岩見沢校i-BOXでは、芸術文化政策研究室(担当:閔鎭京准教授)との共同調査「Withコロナ社会における文化芸術に関するアンケート」を行います。

 新型コロナウイルスの拡大により発生している「文化施設の来場への不安要素」や、市民の皆様にとっての「文化芸術の役割」を把握することを目的とし、i-BOXへ来場者された皆様に向けたアンケート調査を実施いたします。月末ごとに単純集計結果を本ホームページ及びFacebook等で公表するほか、調査終了後には単純集計・クロス集計を発表いたします。

 また、本アンケートは2021年1月31日(日)までの約6ヶ月間で行うことで、“Withコロナ社会”における岩見沢市民の文化芸術鑑賞に対する市民意識の変化についても調査を行う予定です。長期間の調査となりますが、来場される皆様におかれましては、何卒ご協力の程お願い申し上げます。

「Withコロナ社会における文化芸術におけるアンケート調査」概要

  1. 調査実施:令和2年 7 月 3 日 (金) から 令和3年 1 月 31 日 (日)
  2. 調査対象:i-BOXの来場者
  3. 調査実施方法:会場調査
  4. 調査実施者
    北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツビジネス専攻 芸術文化政策研究室准教授 閔 鎭京
    北海道教育大学岩見沢校i-BOX
  5. 結果の公表   
       ・内容:月末に単純集計結果を公表・調査終了後に、単純集計・クロス集計結果を公表。
       ・公表媒体:i-BOXのホームページ、Facebook等

本件に関する問い合わせは、北海道教育大学岩見沢校i-BOX(担当:尾崎)までお願い致します。
電話番号:0126-35-1400 メールアドレス:iwa-i-box@j.hokkyodai.ac.jp

◆ 7月分の集計結果が出ました(2020年8月20日追記)

7/1~7/31に北海道教育大学岩見沢校i-BOXで来場者に向けて集計したアンケートの調査結果が出ました。
・来場前に気がかりだったことは「ない」と回答した方 が 77%で最も多い一方で、i-BOXのスペースの狭さから、「展覧会を観る他のお客さんとの距離」を13%の方が危惧していた。
・7割以上が岩見沢市内からの来場者だった。
詳細な結果は、下記のPDFをご覧ください。

Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート-7月.pdf

◆ 8月分の集計結果が出ました(2020年9月4日追記)

8/1~8/31に北海道教育大学岩見沢校i-BOXで来場者に向けて集計したアンケートの調査結果が出ました。
・気になった点は「なし」が60%を占めるが、コメントの中には12:00~13:00の休館に関する周知に言及したものがあった。
・今後のi-BOXへの来場については、「近いうちに来る」が半数以上を占めており、再来場への意識が高いことがわかった。

詳細結果は、下記のPDF・もしくはURLをご覧ください。

◆PDF Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート-8月.pdfをダウンロード
◆URL Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート-8月

◆ 9月分の集計結果が出ました(2020年10月10日追記)

9/1~9/30に北海道教育大学岩見沢校i-BOXで来場者に向けて集計したアンケートの調査結果が出ました。
・来場前に気がかりなことが「なし」と回答した方に、その理由を尋ねたところ、「自分で対策をしているから」の他、「滞在時間が短いから」との回答がありました
・来場回数は「はじめて」が42%、2回以上が58%を占め、再開以降、初来場者と再来場者が並ぶ結果となりました。

詳細結果は、下記のPDFをご覧ください。

◆PDF  Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート_9月.pdfをダウンロード  

◆ 3か月分の集計結果が出ました(2020年10月30日追記)

7/1よりアンケートの集計を開始し、3か月が経過しました。
そこで、3か月分の集計結果を比較した資料を公表いたします。

・ご来場前に気がかりなことは「なし」と回答した方が各月6割以上。
・再開以降「はじめて」訪れる方が毎月約4割を占めている。
・岩見沢市民の来場者は減少しているが、「その他」地域からの来場者は月を追うごとに増加している。

詳細結果は、下記のPDFをご覧ください。
◆PDF  Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート調査_7~9月結果比較.pdfをダウンロード

◆10月分の集計結果が出ました(2020年11月10日追記)

10/1~10/30に北海道教育大学岩見沢校i-BOXで来場者に向けて集計したアンケートの調査結果が出ました。
・来場回数は「はじめて」が26%、2回以上が74%を占めました。再開以降、リピーターの数がもっとも多くなりました。
・展覧会の中でもこれまでに比べて「楽しかった」「リフレッシュできた」という声が多く上がりました。

詳細結果は、下記のPDFをご覧ください。

◆PDF  10月Withコロナ社会における文化芸術鑑賞に関するアンケート.pdfをダウンロード

© 2020 HOKKAIDO UNIVERSITY OF EDUCATION all rights reserved.